シリコンバックでの豊胸手術を受けて失敗をした具体例

子育てを終えて、しぼんでしまった私の胸

豊胸手術で失敗しないために秋田県秋田市 司法書士田口司法事務所

3人の子を出産し、母乳で育てて来ました。
その結果バスト全体がおばあちゃんの様に垂れ下がってしまい、ハリも無くなってあまりに無残な形に鏡を見るのも嫌になってしまいました。
そんな時に友人から教えて貰ったのがバストにヒアルロン酸を注入する事で、手軽にバストの形や大きさを整える豊胸術なので、注射での注入で傷跡の心配が無く、気軽にバストアップしたい私にピッタリな方法だと感じました。
ヒアルロン酸注入であれば部分注入も可能で、授乳後にしぼんでしまった箇所にハリを持たせる事も出来、更に費用を抑える事が出来ると思い、カウンセリングを受ける事にしました。
丁寧なカウンセリングを受けた所、正しく注入されればヒアルロン酸は元々体内にある物質なので体に吸収されてしまう事、持続期間が1年から2年あり、注入時間は10分から20分程度なのも気に入りました。
また術後のアフターケアも必要が無く、感触やバストの動きも通常のバストと変わりなく自然な仕上がりになるとの事で手術を受ける事にしました。
実際にヒアルロン酸注入を受けてみて、治療後は通常の生活をすぐに送る事が出来ましたし、人に気付かれることも殆ど無く、それなのにハリのあるバストを手に入れる事が出来て本当に嬉しかったです。

子育てを終えて、しぼんでしまった私の胸ヒアルロン酸では一時的に大きくなるだけだったリスクや費用を考慮した結果